忍者ブログ
~水平線に見えたそれぞれの青~ (気ままな波乗り日記)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今はこんばんはな時間です。
13日の金曜日の晩から伊豆へプチトリップに行って来ました。
波乗りで伊豆へは始めての訪問になります。今回は会社の仲間と5人で。♂3人のレディースが2人。♂3人は何れも波乗りバカ。レディース2人は初心者同様の面子です。
感想を始めに一言。「海の水はとてもキレイ!!!!」これだけでも満足なプチトリップでした。前々から伊豆の海の評判は聞いてはいましたが身を持ってつくづく感激しました。でも、画像はないんですけど。。。申し訳ありません。携帯の画像はこんなものしか。。。。
izu02.jpg←伊豆のとある有名ポイント







着いたのは前にも述べたとおり、金曜日の晩。翌朝は8:00頃から白浜ポイントへ。金曜日の晩土砂降り&強風でちょっと心配はしてたのですが朝になるとお天道様が燦々と輝きテンションはグーッと波乗りモードへ。入水し始めの頃はサイドオフ風がやや気になる程度でしたが、次第に強風で波待ちも儘ならない程吹き荒れて午前中は2時間程度で切り上げ。ロングなボク達は板を飛ばされないように片付け。一先ず宿に戻り近くのスーパーに昼飯&プチ宴会のビール&食材を購入しに。。。。なんやかんやでビールを結構飲み干して昼寝モードへ。目が覚めたのは3:00チョット前頃かな?午前中に着ていたウエットも太陽&強風で殆ど乾いて2R目へ。今度は宿から更に南下して大浜ポイントへ。ここは風は少しありましたが、サイズがカタ・アタマくらいでショートボーダーにはいい感じな速目のホレホレな波がブレイク!入ろうか迷った挙句、レディースの意見はNO。まぁ気持ちは十分に分かるし集団の入水は何かと迷惑になるので控えました。しかしあの日の大浜ポイントはホントに波が速くて良い感じで切れ上がっていて乗っているサーファー(多分ローカルの方々)は上手い人が目立ちました。きっと入っていたらボク自身も迷惑を掛けたかも知れないなぁ。。。
それではと、また午前中入っていた白浜へ。午前中の強風のせいか人もまばらで午前中よりかは風も軽減気味な感じ。サイズはモモ~セットで腰かな?これならレディースもメロウに波乗り出来るとココで2R目を開始。すると海に入った途端に風は嘘のように止んで面は結構ツルツル。LOVE&PEACEな波乗りが展開できました。そんなこんなで日が暮れ始めるまで遊んで宿に戻りました。
夜は定例的な地元の居酒屋で一杯!で気持ちよくなる筈が。。。。店の店主がチョット傲慢なかんじ。。。軽サァ~っと飲んで食べて運転代行を呼んで店を出ました。何かこのままではやり切れないので、宿に帰る途中でビール&焼酎を購入。結局、宿で盛り上がり11:00頃には爆睡モードへ。
翌朝の今日15日は朝の7:00頃から多々戸ポイントに入りました。ローカルポイントと聞いていましたが、駐車されている車のナンバーを見ると春日部やら名古屋やら川崎やらで結構色んな所からやって来ているんですね。サイズは小さくモモ位で途中で消えるような波でした。
9:00からは地元のショップ主催(ここの店主の女将さんは有名)のビーチクリーンをやっていましたが、ボクは何となく躊躇して参加出来ず。ここがボクのイケナイ所です。深く反省してます。ゴメンナサイ。この次で機会がありましたらがんばります。ビーチクリーンをしていたのは多分地元のローカルの方々だと思われますが、みんな何の抵抗もなく、また笑顔でビーチクリーンをやっていました。多分ショップの女将さんの人望の厚さでしょう。今回そのショップに行く機会があって二言三言会話したのですが気さくで懐の深さを感じました。多々戸ローカル皆のお母さんになっているのかな?

ボクらは午前中切り上げてお昼過ぎに伊豆を後に帰路へ。
東京から伊豆までは約200キロ弱。渋滞が無かったら3時間程度で行けるかもしれません。
近々また伊豆へ行かせてもらいます。その時はもうチョット伊豆の素晴らしさを報告できるようにしますね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Slider
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
波乗り
love&peace
Tide Graph
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
バーコード

Copyright © [ Separate Blue ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]